ブルーライトが睡眠障害の原因?

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ブルーライトが睡眠障害の原因?
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
ブルーライトが睡眠障害の原因?快眠グッズランキングデータベース|より良い快眠・熟睡を応援します

 

ここ近年、「睡眠障害」という言葉をよく聞くようになりました。

その原因の1つとなっているのが、
「パソコンとスマートフォンの爆発的な普及ではないか」
と言われているのです。

パソコンとスマートフォンに共通する睡眠の障害になり得るものが、
「ブルーライト」と呼ばれるバックライトとして使われている特殊なLED光源です。

ブルーライトって一体なに?

ブルーライトとは、人間が見ることのできる光の中で
もっとも紫外線側にある青色の光です。

可視光線の中で最もエネルギーが強く、眼の奥の網膜まで届いてしまうため、
眼や脳に与える影響がとても大きいと言われています。

現在普及しているほとんどのスマートフォンやパソコンの
バックライトとして使用されており、最も身近なLED光源です。

ブルーライトが与える睡眠への影響

ブルーライトは太陽光に近いエネルギーを持っています。

そのため、夜間の眠る前ににパソコンやスマートフォンを
よく使用する場合には注意が必要になります。

夜間は脳が体内時計を夜に設定していると考えてください。

そんな時に眼から太陽光に非常に近い光が長時間入ってきた場合、
脳はブルーライトだとは認識せずに、
太陽光だと勘違いして認識してしまうのです。

太陽光だと認識した脳は体内時計を夜時間から昼時間に変更命令を出し、
就寝に向けて体温を下げていた身体は、活動できるよう心拍数と体温を上げ、
深い眠りにつきにくい状態になってしまうわけです。

現代の睡眠障害の原因のほとんどが、ブルーライトではないかとも言われています。

ブルーライトから快眠を守るためには

ブルーライトから快眠を守るためにとても大切なことは、当たり前のことではありますが、就寝前に出来るだけスマートフォンやパソコンを使用しないことです。

しかし、まったく使用しないというのはなかなか難しいので、せめて就寝1時間前には使用しないようにしましょう。

普段からのブルーライト対策としては、

1.モニターのバックライト照度を下げること。

2.パソコンでワードなどの作業する場合、
背景色を黒色にし、文字色を白にする。

などが効果的でしょう。

1のモニターのバックライト照度はパソコンやスマートフォンで設定が可能です。

2は背景を黒色にすることで、白色の時よりも眩しさが軽減されるため
ブルーライトカットに効果があると言われています。

最近では有名眼鏡ブランドの【JINS(ジンズ)】がPC用眼鏡として、
ブルーライトを50パーセントもカットできる眼鏡を発売しました。

ブルーライト対策として導入してみるのもよいでしょう。



GO→TOP-Page

2013年3月3日

このページの先頭へ